Blog

サァラ麻布様ディスプレイフラワー~重要だけど無視されがちな「葉っぱ」の部分♪

2018年12月21日

フラワー×食空間プランナーの伊藤裕美子(YUMIKO)です。

世界の本物だけを厳選したインテリア小物・家具を中心に

上質な食空間を提案しているサァラ麻布様にて、

私が所属するFSPJがプロデュースしたインテリアディスプレイ・テーブルコーディネート演出が、2/26までご覧いただけます。

私はフラワーサポートとして現場入りし、1Fと5Fのフラワーを担当させていただきました。

今回は、コーディネート担当であるMAKIKOさんAKIKOさんのイメージやざっくりの方向性を伺って

それにマッチするような花材のセレクト~デザインは私の方で担当し、

アレンジ(主に4つ)は設営当日に現場で組ませていただきました。

(花器は全てサァラ様の商品です^^とってもとっても素敵!)

お二人とのやりとりは最小限^^イメージを共有した後は

お任せいただいた部分が大きかったので、大変やりやすいお仕事でした♪

フラワーというと、どんな花をメインに使うか、

アレンジメントをいかに美しく仕上げるか、という技術に目がいきがちですが、

食空間フラワーでは「インテリアやテーブルにマッチする」花材のセレクト力が大切だと思っています。

その中でも特に見落としがちなのは、「茎」や「リーフ(葉)」の部分。

アーティフィシャルフラワーのクオリティもとても高くなっているので

一見すると生花と見まがうような物も多くなってきましたが、

この茎やリーフについては、まだまだあまり意識されてないことが多いような気がします。

花首は素敵なのに、茎やリーフが妙に青々しく安っぽい&偽物っぽい仕上がりだったり・・・

これをそのまま使ってしまうと、とたんにチープに見えてしまうから要注意!

今回も、花についていたリーフはほぼ全てカットし、別のリーフを添えています。

このリーフの選定に一番時間を費やしました。

(そして、今回購入した花材の中で最も高価でした~^^)

お花選びの際には、茎やリーフの部分にも目を向けてみてくださいね。

当日使用予定の花器が変更になって、急きょデザインをガラリと変えたり、

現場では、より良くするために調整が入ることも多々あります。

フラワー専属で入ると そういった部分でも提案ができたりするので楽しいです♪

サァラ麻布様は六本木ヒルズから歩いてすぐ。

是非「本物の上質」な空間を実際にご覧になってくださいね♪

12/25まではクリスマス仕様なので、見ごたえがあっていちばんおすすめですよ~!