Blog

季節の花で彩る食空間♪春といえば~

2018年3月2日

フラワー&食空間プランナーの伊藤裕美子(YUMIKO)です。

page03

先日のホテレスショーでのテーブル展示→

それぞれ、春~初夏にかけてのシーン設定ということで

食空間フラワーの視点から、

どういうところに注目して花材を選んでいるかというところを

お伝えしてみようと思います。

(扱っているのは全てアーティフィシャルフラワーです^^)

180219thermos_setthing27

こちらは「春」のイメージで。

使っているのは主に、桜、マグノリア、梅

特に、展示という部分においては、パッと見ただけで

誰しもが「春」を連想させる花をチョイスするのはとても有効です♪

(花に詳しくない人でも一目で季節が分かるからです)

180219thermos_setthing31

「桜」なんてその最たるもので、日本の春の演出にはもってこい!

(最近では100円均一でも複数種類の桜が売っており、

意外と使えるものも多いので侮れません。)

今回は「高級魔法瓶ブランド alfi」がメイン商材なので

「安っぽく見えない」「本物のように見える」「上品に」

というところを意識してセレクトしました。

tritriIMG_3149

注目は「茎」の部分!

安価なものは、この茎の部分の造作がチャチなものが多く

いわゆる「造花」という印象が強くなります。

花の部分だけに気を取られがちですが、実は重要ですので

花材を選ぶときには要チェック。

また、できたら先端までワイヤーが入っているものを選ぶと

思った通りに曲がってくれるので

フラワーが苦手な方にもおすすめです。

(好きな形に変えられて便利です♪)

180219thermos_setthing48

花や茎、葉に至るまで、単色でベタ塗りのものではなく、

自然なグラデーションになっているものを選ぶと

自然な雰囲気が出て生花のように見えますよ。

(桜だったら白~中央部に近づくほどにピンクに変わっていくもの~など)

そしてそして、

「つぼみ」のついている花を選ぶのも、生花っぽく見えてポイント高し!です^^

********

春の気分先取り。

皆さまのフラワーセレクトの一助になれば♪